2009年11月07日

浮気

単身赴任中の心配事として大きなものとして「浮気」があります。
単身赴任中は、お互いの様子が見えません。
相手が見えていないと浮気を防ぐことは無理なのでしょうか。
実際に単身赴任中の浮気はかなり多いようです。

確かに人間同士の関係とは、距離が離れたり一緒にいる時間が短くなったりすると希薄になりがちです。
まず何よりも会話をすることが大事なのです。
特に離れて暮らしている単身赴任期間中は一緒に暮らしていたときよりも意識して連絡を取り合い、会話をすることが大事です。
単身赴任中はついさびしい気持ちになり、人恋しくなり、そして浮気に発展することがあります。
離れていてもお互いを癒す存在でいられるようにすることが、浮気防止になるのです。
心の支えである存在がなく、癒されることがないと人は寂しくなり、つい身近にいる人、例えば職場関係の人やお店などに癒しを求めて家に帰らなくなってしまいます。
こうなって外に安らぎを求めるようになると問題です。
留守宅の妻も同じように寂しい思いはします、しかし育児などで紛らわすこともできます。
男性は仕事で疲れて帰ってきたら他に何もないのです。

もしも実際に浮気をされてしまったら、そんなことがあってはなりませんが、もしもそうなったら相手の怪しいと思う行動を全てノートなどに日付とともに記録しておくといいです。
相手の発言に対しても必ずメモをします。
将来的に浮気のことでもめたとき、役に立ちます。
しかしあくまでもこうならないように夫婦関係をいい状態で単身赴任期間を過ごせることを望みます。
posted by 単身赴任 at 18:50 | TrackBack(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。