2009年11月07日

海外赴任

単身赴任は日本国内だけとは限りません。
海外への単身赴任もあります。

海外へ単身赴任する際に知っておくと便利なことをご紹介します。
まず各種手続きについてです。
住民票や社会保険などは市区町村役所の窓口へ届出をします。
長期間の単身赴任の場合は、必ず届出をしていきましょう。
短期間の単身赴任の場合は、役所の窓口へ相談してみましょう。

自家用車を海外へもって行くときはどうしたらいいのでしょうか。
まず日本国内で廃車手続きを行います。
単身赴任先の国で検査があります。
検査の規制が厳しい国もあり、強制送還される場合や排ガス対応やその他部品装着など改造させられる場合もあります。

運転免許証については、日本で国際免許をあらかじめ取得していきます。
各都道府県にある運転免許試験所に、日本での運転免許証、パスポート、写真等を持参します。
現地で交付申請書を記入し、印紙代を支払えば国際免許証を交付してもらえます。
海外に赴任している間に、日本の免許証の期限が切れてしまったら、帰国後1ヶ月以内に免許回復の申請をしましょう。

海外へ引越しをする際も、各運送会社が海外引越しパックなどのサービスを展開しています。
荷物の量や引越し先、保険料などさまざまなサービスを選べるようになっています。
まずは数社に見積をしてみるといいでしょう。

このように海外への単身赴任の場合、通常の国内への単身赴任に加えて多くの手続きが必要となります。
事前にやらなければならないことを一覧にして、赴任当日までにすべて完了できるように計画しましょう。
posted by 単身赴任 at 18:50 | TrackBack(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。