2009年11月07日

実費

単身赴任をするとき、引越し料金以外に実費がいくらくらい用意すればいいのでしょうか。
おおよその金額を算出してみましょう。

まずは生活必需品の購入として、電子レンジ、これは安いので1万円くらいで買えます。
次に洗濯機、1人用の洗濯物だけなのでそんなに大きくなくてもいいので今は2万円代、3万円を切った値段で買えます。
必需品としてもう1つエアコン、これは1人用の部屋でも工事費込みで6万円くらいかかります。
冷蔵庫は1人用のちょっとしたものを入れられる2ドアサイズを選んだとしても5万円弱かかります。
ご飯を炊くならば炊飯ジャーが1万円〜2万円で買えます。
携帯電話があるので固定電話は不要としても、パソコンは利用すると思うのでその回線工事代として3,000円程度かかります。
ソファや机、カーテン、照明器具、必要ならば自転車、あとは食器、調理器具、洗濯グッズなど細かい雑貨を購入したとして全てで20万円くらいは必要になります。
調理グッズ、洗濯グッズなどの雑貨はいまや100円ショップなどで格安品が売っています。
こちらを利用すると安く揃えることができます。
男の一人暮らし、そこまで本格的な道具を揃える必要はないのです。

単身赴任の初期費用としては、およそ20万円です。
家具付のマンスリーマンションなどに住む場合は、家具などを買う必要がないのでもっと安くすみます。
あるいは会社が単身赴任に最低限必要なこれらのものを全てそろえてくれるところもあります。
これらを踏まえて購入品のリストアップとお金の用意をしましょう。
posted by 単身赴任 at 18:50 | TrackBack(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。