2009年11月07日

電気の節約

次に単身赴任に限らず、日常でも実行できる電気の節約術についていくつかご紹介します。
まず基本的なこととして、電気は使っていないときはこまめに消すということが重要です。
別の部屋に行って作業したり、しばらくその部屋にはいなかったりするのに電気がつけっぱなしということはよくあると思います。
使わなければ消す、これがまず基本です。

エアコンの設定温度について、夏は高め冬は低めに設定します。
エアコンの設定温度を1℃あげるだけで、約10%の節電ができます。
夏は28℃、冬は20℃がベストな温度です。
節電しようと、除湿を使う人がたまにいます。
しかし除湿は逆効果です。
かえって電気を多く消費します。
除湿運転を利用するのはやめましょう。

こまめにエアコンのフィルターなどを掃除することも大事な節約術です。
フィルターを掃除すると、部屋の冷えや温めの効果がよくなります。
汚れていると、エアコンの働きが悪くなるので夏なら温度を上げて、冬なら下げてしまうのでかなり電気量を無駄に消費します。
エアコンドラムの掃除などは年に1回大掃除のときだけでもかまいませんが、フィルター掃除はせめて1ヶ月に1度行いましょう。

テレビは、外出の際は主電源を切るようにします。
単身赴任だと部屋にいるときも見ていなくてもテレビをつけっぱなしにしてしまいます。
見ていないときはきちんと電源を切ることを意識して実行しましょう。

単身赴任だと、洗濯物の量も多くないはずです。
洗濯もある程度何日間分をまとめて行うと、電気代と水道代の節約につながります。
これらを実行すれば、電気代の節約効果は絶大だと思います。
posted by 単身赴任 at 18:50 | TrackBack(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。