2009年11月07日

健康管理

単身赴任での心配事と言えば不規則な生活と、外食の多さによる健康面についてです。
単身赴任生活に慣れてきたら、自分の体は自分で健康管理できるように考えなければなりません。

まずストレスの発散方法を見つけることです。
単身赴任で一人なので、特にすることもなく休みのたびにダラダラと家の中で過ごしていたら健康によくありません。
まずは趣味を見つけて、とにかく外で体を動かすことを始めてみましょう。
それが一番のストレス発散方法です。
ずっと家の中にいて悶々としていたら、ストレスはどんどん貯まっていきます。

食事面においても、お弁当や外食の機会が多くなると思います。
単身赴任前のように奥さんの家庭料理が食べられる機会が減り、栄養面に偏りが出てきます。
それらを補うために、サプリメントを利用するという一つの手段があります。
どうしても食べ物だけでは補えない栄養があります。
サプリメントに抵抗がある人は、その分だけでもサプリメントで摂取するといいと思います。

また中高年になってくると血液がドロドロ化してきて、健康的なサラサラ血液には程遠くなってしまいます。
それを改善するために、水を一日最低1リットルは飲まなければなりません。
特に寝起きが一番血液ドロドロ状態なので、それを少しでも改善して血管がつまらないようにするために、朝起きたときと、夜寝る前に水を飲むのが一番効果あります。
血管がつまると、動脈硬化や心筋梗塞など様々な病気を発症します。
コップ1杯の水からでも始めてみてください。
posted by 単身赴任 at 18:50 | TrackBack(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。