2009年11月07日

妻の対応

単身赴任中に夫が寂しさを紛らわすために浮気をして、挙句の果てに離婚という話をよく耳にします。
単身赴任をして、新しい仕事や新しい環境で大変な中、一人ぼっちの寂しさを感じることはよくわかります。
だからといって浮気をしていいことにはなりません。
しかし妻は浮気をしないようにと願っているだけではどうにもなりません。
単身赴任の夫を支える妻として、常日頃から家族と夫を結び付けていられるような妻としての対応を心がけなければなりません。

例えば、便りがないのが元気な証拠だと勝手に決め付けずにきちんと毎日電話やメールなどで連絡をとってコミュニケーションをはかります。
子供がいれば、子供の様子などを毎日知らせます。
何か悩み事や決断しなければならないことに直面したときは、夫がいないからと一人で判断をしないようにしましょう。
かならず夫に相談して決めるという体制を崩してはいけません。
夫も家族に頼られている、家族の一員だと自分で再認識することができるいい機会です。
逆に夫の生活、今日の予定などもきちんと聞くようにしましょう。
ある程度夫の毎日の行動を把握していることは重要なことです。
野放しにしておくと、毎日飲み歩いて単身赴任先の家にも帰らなくなってしまかもしれません。

メールや電話だけではなく、現代的な方法としてブログの活用があります。
ブログで家族、子供の様子を毎日写真も添付して絵日記形式で掲載するのです。
それを夫に見てもらえば、きっと喜んでくれるはずです。
家族であることをお互い忘れないように、いつも見守っていることを伝え続けて行くことが大事なのです。
posted by 単身赴任 at 18:50 | TrackBack(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132265108

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。