2009年11月07日

いいこと

いままで単身赴任の二重生活による生活費負担、引越しや準備の大変さ、家事の大変さ、コミュニケーションの大変さなどをお伝えしてきました。
しかし単身赴任をすることは、悪いことばかりではありません。
それは単身赴任をする本人にとっても、残る家族にとってもです。

コミュニケーションが思うようにとれませんが、逆にいうとマンネリ夫婦やマンネリ家族の脱マンネリを図るいい機会です。
会えない時間、会えない距離が昔の恋人同士のような初々しさを思い出させてくれるかもしれません。
単身赴任者は最初、久々に1人になれて1人の時間をエンジョイするかもしれません。
しかしそれも長くは続かずに、突然寂しさが押し寄せてきます。
そしてそのとき、当たり前になっていた妻の存在の大きさ、夫の存在の大きさに気づくのです。
家に帰ると電気がついている、エアコンがついた快適な状態、お風呂が沸いていて、料理が出てくる、片付け物をする必要もない、きれいなパジャマ、アイロンのかかったシャツが用意されている。
そんな生活が当たり前だった、しかしそれがどれだけありがたいことか身にしみるはずです。
逆に妻の方も、話し相手がいない、相談する相手がいない、いてくれるだけでどれだけ心強かったか思い知らされると思います。

単身赴任を数年することにより、家族がまた一緒に住み始めた際新たな気持ちでいいスタートがきれることでしょう。
それはいかにして単身赴任期間を過ごすかによります。
離れている時間でお互いが存在を改めて認め合うことができるか、それともいないとせいせいすると思えてしまうのか。
単身赴任中のコミュニケーションは本当に大事なのです。
単身赴任を絶好の機会ととらえて、ぜひ家族の今後の生活を素敵なものにしていきましょう。
単身赴任の間にうまく関係を築いていれば、数年後久しぶりに家族と一緒に暮らしても違和感なく楽しく暮らせるはずです。
posted by 単身赴任 at 18:50 | TrackBack(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132265114

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。